40代女性に似合う髪型とは?ショートとロングを比較

40代女性は髪質が変わる

年を重ねるごとに、うねりやパサつきがひどくなってきます。それにより、髪の毛のまとまりがなくなり、ボリュームがすごいことになってしまうでしょう。なので、これまでロングヘアだった女性もショートヘアに変える方が多いです。ここからは、ショートとロングヘアの比較をしていきます。

女性の髪型!ショートとロングの特徴を比較

ロングヘア

ロングヘアは、一般的にあごよりも長い髪型のことを指しています。ロングは女性らしさを表現するのに適した髪型です。女性の華麗さと清潔感の両方をアピールすることができます。ですが、ダメージの溜まった髪でロングヘアをしていると、ごわついてボリュームが出るので、全体的にもっさりとした印象になってしまいます。それを回避するために、普段からトリートメントをしておくといいでしょう。

ショートヘア

ショートヘアとは、ロングヘアの逆であごより短い髪型を指しています。髪は根元に近くなるほど、ダメージが少なくなります。なので、パサついていた毛先がなくなり、ツヤツヤな髪が生き返ります。また、ショートヘアは、全体的に丸い印象になるので、優しい印象と上品さを表現することができます。ヘアケアもロングに比べると少ないので、手間がかかりません。

40代女性に似合う髪型とは?ショートとロングを比較

婦人

癖が強い方はロングに向いていない

ロングヘアは、ストレートの髪が一番引き立つスタイルです。ですが、元々癖が強い方にとって、なかなか真っ直ぐにすることは難しいでしょう。縮毛矯正などを利用することで、一時的に癖を無くすことが可能ですが、40代の弱った髪にさらに大きなダメージを与えてしまいます。なので、癖が強い毛質の方には、ロングヘアはあまりおすすめすることはできません。

ショートヘアはアレンジが簡単

ショートヘアは、髪が短い分一本一本が軽いです。なので、ヘアアイロンなどで、簡単にアレンジすることができます。また、つけた癖が残りやすいので、一日中キープすることも可能でしょう。気分によって毎日ヘアスタイルを変えることができるので、万能なヘアスタイルだといえます。

綺麗なショートヘアにするためには

万能なショートへアですが、中には向いていない方もいます。それは、襟足の癖が強い方です。襟足の癖が強いと、ショートヘアの綺麗なシルエットを作ることが難しくなります。その他にも、後頭部の毛量が多い方も同じ理由でおすすめできません。

ヘアアクセサリーでワンポイント付け加える

ヘアバンドや飾りのついたヘアピンなどを利用することで、普段とは違う印象を与えることが可能です。髪型を変えるのが難しい人は、ヘアアクセサリーを利用してワンポイント付け加えることでイメージチェンジすることが可能です。ヘアアクセサリーは若見え効果もあります。

髪のダメージが気になる方はショートがおすすめ

ショートヘアにすることで、毛先のダメージが蓄積された髪とさよならできます。髪質が変わる40代女性には特におすすめの髪型です。また、お手入れが少なくていいので手間を省くことも可能です。

広告募集中